カテゴリー別アーカイブ: 情勢

資産運用の重要性

資産運用がいかに重要であるか。

資産なんてもってないよ。

て方も多いのではないでしょうか?

 

世の中が常に危機的状況(いつ何が起こってもおかしくないということ)であることは、

 

サブプライムローン以後の日本経済を肌で感じた皆さんなら理解していただけると思います。
給料日を待ってれば当たり前に口座にお金が入ってくる。
会社だけしか収入源がないというのは本当に危険なことと思いませんか?

 

会社潰れたらどうしますか??

 

貯蓄はありますか?

 

今少しでもムっとなったり、ドキっとなった方はこの際です。

 

本気で考えていきましょう。

 

まず貯蓄のない方は10万でいいので貯金してみましょう。

 

その10万円を未来への自己への投資と思い、また第二の収入源の確保として運用するのです。

 

資産運用というのは、なにも財力のある方の限定のものではありません。

 

資金は小額でも始められる投資はいくらでもあります。
また資金自体が少なければ、ハイリスク ハイリターンに該当しないので、

 

もし残念なことにその投資が失敗したとしてもリスクはそれほど大きいものにはならないのです。

 

投資にはさまざまなものがありますが、

 

投資のための智恵の樹では株式投資・FXを強くおすすめしています。

 

投資を始めてみるということは有効なことだと思います。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

 

オフショア地域とは

オフショア地域金融世界でオフショア地域は、

税制などが優遇される国際金融市場を指します。

 

オフショア地域の金融機関には、1998年以降外国為替管理法改正により

自由に直接アクセスできるようになりました。
オフショアはタックスヘイブン(租税回避地)ともいわれることもあります。
世界各地に点在する租税回避地域のことで、地域内で運用されるお金には

株の売買による譲渡税、利子・配 当税、給与・事業の所得や

法人税がまったくかからない、または税率がきわめて低いという特徴をもっています。
そのため、日本で販売されている投資信託(ファンド)も、ほとんどがこのオフショアに本拠点をおいています。
ただし、日本で販売されている投資信託は国内での販売コストや情報開示コストなどが

重い負担となり、オフショアのメリットを十分に発揮できていません。

 

 

■アジア・南太平洋地域

香港 シンガポール マカオ ラブアン島(マレーシア)

バヌアツ パラオ諸島 トラック諸島

クック諸島(ニュージーランド領) マーシャル諸島 西サモア

 

 

■ヨーロッパ・地中海地域

スイス ルクセンブルグ オーストリア ハンガリー

モナコ ダブリン マン島(英領) ジャージー島(英領)

ガンジー島(英領) サーク島 アンドラ マルタ キプロス マデイラ(ポルトガル領)

オランダ リヒテンシュタイン カンピョオーネ(伊領)

ジブラルタル(英領)

 

 

■インド洋・中近東・アフリカ地域

ドバイ アブダビ  セイシェル諸島 モーリシャス スリランカ バーレーン リベリア

 

 

■北米・中南米地域

ユタ ワイオミング ネバダ デラウエアー ベリーズ パナマ ウルグアイ

 

 

■大西洋・カリブ海地域

ケイマン諸島(英領) バージン諸島(英領) バミューダ島(英領) バハマ諸島
バーブーダ グレナタ バルバトス アンティール諸島(蘭領) アルバ諸島(蘭領)
ネヴィス アングイラ(英領) アンティグア モントセラート(英領)
このようになっていたりします。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

マネージドアカウント

国内FX取引業界では、

レバレッジの規制や税制改正から変化を続けています。

 

2008年のリーマンショックを皮切りに、

それまで簡単に利益を出せていた個人もことごとく負け続け、

利益をしっかりとあげられる投資家が減っているのが現実と言われています。

 

また、有能なトレーダーや個人投資家の多くは、

海外拠点のF X取引業者(ブローカー)を活用して取引をしており、

このような環境の中で昨今目覚しい発展を遂げているのが、

マネージドアカウントと呼ばれるF X取引を利益に結びつけるトレード代行サービスです。

 

国内の金融商品取引法のもとでは国内業者が

このサービスを提供するのは難しいといわれ、

主に海外のFXブローカーを中心にサービス提供されています。

 

マネージドアカウントとは、お客様のFX口座において、

プロのトレーダーやシステムが監視・取引することで利益を生み出すサービスです。

 

F X取引なので損失が出るケースもありますが、投資家の口座に利益が蓄積された場合に限り、

成功報酬として利益の一部をサービス提供者に還元する仕組みを指します。
(損失の場合にはサービス料金を支払う必要がありません。)

 

このような仕組みなら、サービス提供者(ト レーダーやシステム開発者)とお客様(個人投資家)は

常に対等な立場であり、利益の一部を手数料として払うことでお互いにメリットが残ります。

 

ただし、国内金融関連法では「一任勘定」として扱われる可能性が高いことから、

国内のF X業者ではシステムの提供という形でのみマネージドアカウントサービスを提供されています。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

F Xってそもそもなに?

簡単にいうと円安と円高の二択でシンプルに予想する!

F Xとは外国の通貨を売買して、利益を出す取引のことです。

例えば「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買います。
F Xとは外貨と日本円の売買円安で「1ドル=110円」になったら、

手持ちの1,000ドルは11万円に交換できるので、1万円得をします。

 

 

逆に円高で「1ドル=90円」になったら、

手持ちの1,000ドルは9万円になり、1万円損をします。

 

 

このように異なる2国間の通貨を取引して、

為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。
各通貨の値動きを売買して稼ぎますので、

現在のように値動きが激しいときはチャンスになります。

 

 

また、正確にはFXは「margin Foreign eXchange trading」の略であり

「外国為替証拠金取引」を意味します。証券会社に証拠金を預けて、

それ以上の大きな金額の外国為替を取引できます。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

 

そもそも投資とは

金融資産や事業(実物資産)に対して

どう資金を投入すれば目的のリターンが得られるかを考える理論体系。

 

ファイナンス理論の体系は、インベストメント(投資)と

コーポレート・ファイナンスの2つに分かれている。
また、一般投資とは、投資家が企業の資本調達のための金融資産に投資する投資と、

企業が実物資産に対して事業として投資する場合がある。
投資家が投資した金融資産は企業の事業の資金源としての資本となり、

経営として事業に投資される。事業経営の結果として生まれる利益が、

最終的に投資家にリターンされる。
投資には必ずリスクが存在しているため、

いかにリスクを考慮して投資を判断するかが重要になる。

 

例えば、個々の投資のリスクの影響を小さくし、

投資全体でリスク管理するポートフォリオがある。

 

また、個々の事業投資のリスクを判断するための理論体系として、

CAPM(資本資産価格モデル)やβ値、NPV(正味現在価値)、

WACC、フリー・キャッシュフローといった概念が用いられる。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

 

金利上昇は世界的な流れである

世界的物価が上昇し始めているため

各国政府は金利を上げることで調整しようとしています。
たちが悪いことは、今回のエネルギーや食料品価格の

高騰(こうとう)というケースは金利を上げても

効果が薄いということです。

 
食料品の価格の高騰は、新興国の発展

ならびに人口増加、異常気象からくる供給不足

つまり品薄の状態が原因で引き起こされてるわけですから、

いくら金利を引き上げても価格の低下にはつながらないのです。

 

いくら世界中で金利を上げた所で

問題となっている食料品価格は下がりようがないのです。

 

 

単純に供給不足であれば価格は上がるしかないのです。
リーマン・ショック後、最初に金利を引き上げたのは

オーストラリアでしたが、今では世界中のほとんどが金利を引き上げており

その流れは加速しつつ自然の流れであるのです。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

i_world

 

 

インフレ目標2%

安倍内閣は、日本経済をデフレから脱却させるために

「インフレ目標2%」を掲げた。

 

さらに、2013年1月22日に行われた日本銀行との共同声明で、

「物価安定目標2%」を発表した。

 

 

安倍政権が2%という具体的なインフレ目標を掲げたことで、企業や消費者の間に

「インフレ期待」 が生まれたのです。
日本では超高齢化が進んでおり、定年退職後死ぬまでに必要な生活資金の総額が増える傾向にあり、

定年退職をすれば退職金や年金などに収入源が限られる人は、

「インフレが起こるのであれば、なるべくお金を使わずに物価が上がっても

生活が成り立つようにしたい」 と考える可能性があります。

しかし、インフレが起こるということは、

「現在の現金価値が、将来は低くなる」 ということでもあります。
たとえば、現在100万円の現金で購入できるサービスが、

102万円、103万円と支払わなければ購入できなくなるということなので。
そのため「現金貯蓄を確保しよう」 という考えでは、インフレリスクを回避することはできないのです。

 

いっぽうでインフレリスクについて知識がある人々は、

「金・プラチナなどの資産運用の要素が強い商品」か、

あるいは「海外債」などを購入するほうに走ることがあるのです。

 

もし、現金価値が将来なくなるかもしれない不安があるのなら

今のうちに知識だけでも身につけておきましょう。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

中東や中国もインフレからは逃れられない

2010年末には想像さえしなかった混乱が中東で勃発、

なんとエジプトではデモが発生してわずか18日でムバラク政権が崩壊、

およそ30年続いた政権がわずか3週間程で

崩壊してしまうのですから尋常ではありません。

 

リビア情勢にしても、あの強力だったカダフィ政権が

このような末期的な状況に向かうとは誰が想像したでしょうか。
時代の流れとはいうものの、その1番大きな引き金になった

食料品の高騰には庶民より為政者の方が震え上がったのではないでしょうか。
どの国も金利を上げて、なんとかインフレの波から逃れようと必死ですが、役に立ちません。

 

いかに金利を3%にしようが庶民にとって現金で資産を持っていては

目減りするだけで、暮らしは楽にならず物価高に直撃されている形です。

 

 

中国人民銀行が2011年6月に発表した都市住民へのアンケート調査によると

「物価が高すぎる。受け入れがたい」

と答えた人の割合は68.2%に達したというのです。
大学に出ても3割のもの人達が就職もできず「蟻族」と呼ばれてしまったり、

また住む家もなく、地下の汚い場所で住む「鼠族」と呼ばれてしまう人達も急増しているようです。

 

食料高で今や喰うや喰わずという状態もあるようです。
中国当局にとっては、なんとしてもこれ以上社会不安は広げたくない、

インフレを抑えたいというのは切実な願いでしょう。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

 

リーマン・ショック後、米国の金融機関が莫大な収益を得ている訳

ゴールドマン・サックスは2009年4〜6月期にトレーディング収益で

137億ドル、当時日本円でおよそ1兆2330億円の利益を出しました。

 

この調子で儲ければ、1年で5兆円の儲け、まさに当時の日本の全ての

企業が支払った法人税の総額額に匹敵しているのです。

 

こんなにも儲けるのはどうしてか?

 

当時はゴールドマン・サックスだけでしたが、今やJRモルガン・チェースや

BOA(バンク・オブ・アメリカ)も確実に儲けを出すトレーディングをしてきました。

 

儲けのノウハウが少しずつ漏れてきて、

もしかしたら高速取引が行われていたのではないでしょうか。

 

JRモルガン・チェースやBOAゴールドマン・サックス

そしてヘッジファンドなどはこの優秀な超高速の

コンピュータープログラムを次から次へと開発し、

それを取り入れて毎日のトレーディングを繰り返し、確実な収益を上げていたのです。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン

 

 

 

先物取引は株市場で甚大(じんだい)な力を持つ

先日お伝えした3.11後の株暴落の前に日経平均の

「先物取引」について簡単にお話ししますね。

 

先物取引の取引総額は一般の現物取引に比べて格段に大きいのが特徴で、

取引額の3%の証拠金が必要と言われる担保が必要となります。

 

先物取引を行う場合の単位は、1単位約1000万円からなのですが、

証拠金はこの3%にあたる30万円だけで大丈夫なのです。

 

つまり30万円あれば1000万円の取引ができるわけで、

この1単位が約1000万円という所がポイントですね。

 

たった1単位の先 物取引をするだけで1000万円分の

影響力を市場に与えることが可能だからです。

 

一般的にみて1つの株式の注文で1000万円単位の

注文を出す投資家はかなり大口の投資家といえます。

 

もし、1000万円をある株に投資したとすると、

日経225に採用されているような大企業であれば株価は

ほとんど変動しませんが、それ以外の中堅どころの会社ですとある程度株価は動きます。

 

またマザーズや新興市場ですと、1000万円の注文で株価はかなり動くはずです。

 

このように1単位で1000万円の先物取引は、普通の取引に比べ市場に対して

格段の影響力を持っていると考えなけらばならないのです。

 

最低1000万円の世界、冷静な判断で取引したい所ですね。

 

公式メールマガジンはこちら。

↓     ↓     ↓

鳥居重則公式メールマガジン